Made in Japanに悶絶!米・ポートランドに “無印良品” が上陸っ!!


今朝、プラプラとダウンタウンを散歩していたら...

んっ!?ん!?


『無印良品』だぁーーー!!!

もちろん!!!喜んで入店してみましたともっ!

店内は、人、人、人、人...!!!

大盛況ではないのっ♡

店に入ってきたポートランダーたちは

「OMG...!!! It's cuuuteee (pq♡∀♡)!!!」

「It's  super cool!!!」

と、感嘆の声を出して無印の商品にくぎづけであります!

こちらの男性はビーズクッションの心地よさに悶絶中www

やっぱりMade in Japan って “特別” だなーって思います。

海外に住んでからは特にそう思うことが多くなったし、個人的には海外に住んでいる限り日本製は “特別” を通り越して “贅沢” さを感じています。

“贅沢” だなんて大げさに思うかもしれませんが、アメリカに来て、未だ書き心地の良いシャーペン1本見つけられていないのは、そういうことかもしれません。

なんせ...

8本セットで7.99!!

“8本もいらんっww1本でいいから、マシなシャーペンないんかーいっ!”

↑こんなツッコミを繰り返して5ヶ月経ち、未だにシャーペン買えてませんから(笑)

とにかく何の商品にしても、デカイ、重い、量多い、壊れやすい...力任せなアメリカの商品に飽き飽きしています(;´∀`)

そんな中で、センスの良いシンプルさとこだわりが詰まった無印の商品っ!
実際使っていても使い心地が良いし、本当に本当に神!!

だからポートランドの街中で、そう...このポートランドでまさか『無印良品』に出会えるなんて...。テンションあがりますっ (ง⁎˃ ᵕ ˂ )ง⁾⁾

それに!!実は、今アメリカのTeenの間で流行の兆しを見せている『PIKLIP』の封筒...無印良品の茶封筒なんですよ!!

色んな茶封筒を検討しましたが、色味、質感、大きさ、デザイン、値段...どれを取っても無印に勝る封筒を見つける方が難しかったのと、実際に手元に届いたユーザーの反応もとても良いんです。

さて、このポートランドの無印良品店、今はPOP-UP STOREなので、商品も限定されていていますが、来月、ダウンタウンにあるNIKE店の隣に本格的に出店するとのことです。


あー楽しみっ!!

【MUJI POP-UP STORE】

Friday September 14 th - Sunday October 28 th
Address: 625 SW 10th Avenue, Portland, OR
Hours: 10:00am-6:00pm daily

 

これがアメリカの小学校のイジメ!?その② 〜スクールバスの悪夢再び〜


アメリカの長い長い夏休みがようやく終わり、8月の末から新学期がスタートしました!

1st gradeでは色々あったけど...

>>これがアメリカの小学校のイジメ!?娘が受けたある日のスクールバスの中での出来事。

2nd gradeでは、トラブル無く平穏に楽しく過ごしてほしいな〜(^^)

と思っていたのにぃ(# ゚Д゚)!!!

アメリカの公立校、やっぱ、そんな甘くねーっス!
新学期を迎えて3週間目。

夫と共にスクールバスの降り口に娘を迎えに行くと、バスから降りてきた娘は青ざめた顔。

その表情からタダ事じゃないと思ったので “おかえり” よりも早く、

「おい、大丈夫か!?どうした?」

娘に駆け寄ると...

「ママ...うっ...うっ...。゚(゚´Д`゚)゚。」

バスから降りて、私の顔を見た瞬間、強張った顔が緩み、泣き出してしまいました。
これはただごとじゃないと、夫がバスに乗り込み、バスの運転手から状況を説明してもらうと...

「娘さんの頭にガムをくっつけた奴がいるんだよ。」

は!?あのねぇ...ガムを髪の毛にくっつけたらどうなるか分かってんのーーーー!?
『デスパレートな妻たち』で、リネットの子どもたち、髪の毛にガムがついてバリカンで坊主になってただろー!!

んにゃろーめっ(# ゚Д゚)!!

当然、周りの友達らは、ガムのついた娘の髪の毛をみて

「あ〜!!これは髪の毛を切らなきゃならなくなるぞ!」

そう話しはじめ、それを耳にした娘がパニックになってしまったそう。

バスの運転手は、バス内での騒ぎを知り、そのガムをつけたであろう男の子を叱りつけ、すぐに学校へ連絡を入れてくれたそうだが、娘の髪の毛についたガムが髪の毛に広がらないよう、ガムがついた髪の毛を ブチッ、ブチッ... と引っこ抜いたんだとさっヾ(=´・∀・`=)

運転手ナイスッ (ง ⁎⁍̴̛ ᴗ⁍̴̛⁎ )ว!!!
そうそう、ガムがついた髪の毛はね〜、毛根からガシッと抜いちゃえば...

...って、痛いだろ〜 (T_T)
聞いただけで “ひぃ~” ってなるわ...。

「あ、あのぉー、引っこ抜く他に対処はなかったのでしょうか...」

と言おうとしたところで、

「バスの運転手さんは助けてくれたのぉぉぉ(´;ω;`)私の味方になってくれたのよ!でも...痛かったのぉぉ(;O;)」

バスの運転手さんをかばいつつ、髪の毛を抜かれたことは痛くて、でも、運転手は良い人なんだと、むせび泣きながら、私に説明する娘。

つまり、運転手を責めるなと懇願している模様(笑)

もちろん!運転手さんに非はないし、学校にも連絡を入れてくれたんだからちゃんと対応してくれたと思うし、娘がこれで良かったと言っているんだから、それ以上は何もいわねーぜっ!てやんでー!

後日談になりますが、そのガムをつけた子がガムをつけた理由を娘に話したそうです。

「ガムを友達にあげようとしたんだ (⚆.̮⚆)!!」

う、うそつけー!!
誰が人が噛んだガムを貰うかっつーのっwww

しかし、この言い訳を聞いた娘

「へー、じゃあ間違えて髪につけちゃったんだねー (∩・∀・∩)!」

...アホ ₍₍ ( ‾᷄꒫‾᷅ ) ₎₎ んなわけねーだろ。

まぁ、救いと思えるのは、表沙汰になったことかもしれません。
親が気づかないとか、娘もトラブル自体を隠すとか、影で陰湿なイジメに合っているとかではなくて、一つ一つのトラブルに臨機応変に対応できているだけ、救いだなと思っています。

こんなことがあっても、娘はスクールバスにも乗りたいと言うし、もちろん、学校も好きなので通っていますが、世界はそこだけではないんだと色んな選択肢も常に教えているので、様子を見ながらも娘の意思を尊重して、楽しいスクール生活になれば良いなと思っています。

2nd gradeもなかなかファンキーなスクール生活になりそうな予感でございます(;・∀・)


さよなら...AppMama!まさかのブログ終了宣言!?


ここ最近、ブログを更新していないのですが...

実は...

『note』へブログを移行し、 “スタートアップ・ママ” というキラキラネームで、

...って、誰がキラキラネームやねんっ(笑)

既に、しょうもない記事を4記事ほど投稿しております ( ー`дー´)キリッ

...って、しょうもない記事とはなんだぁぁーっ!

振り返れば “AppMama”というネーミングは、当時 “個人iPhoneアプリ開発者” だった夫の仕事柄、仕方なく付けたペンネームだったのですが(笑)、それが何年もブログを綴っていく中で “AppMama =自分” という構図が シックリとくるようになり、縁もゆかりもないモントリオールへと移住した際には、見ず知らずの方から

「も、も、もしかして!?あ、あ、アップママさん!?」

「握手してくださぁーいっ!」

「写真もいいですか!?」

なんと異国の地で、見ず知らずの方々から声をかけて頂くばかりか、握手と写真まで求められるようなスーパースターになってしまいました (つ♡∀♡///⊂)キャー♥♥

それはブログを書く原動力になったというか、本当に嬉しい反響でした。

しかし!今となっては “個人iPhoneアプリ開発者の妻” から “名ばかりCEOの妻” になってしまい...

...って、誰が名ばかりCEOじゃーっ!(←夫の声)

 “AppMama - iPhone開発者の妻のブログ” というブログ名にも違和感を感じたので、思い切って『note』にこっそり移行してみたんです。

ペンネームは “名ばかりCEOの妻” でも良かったんですが、良妻とは私のことよ!

アメリカの “ド田舎” ポートランド で果敢にスタートアップに挑戦している夫を応援する意味と、それからAppMamaの名を残したいという思いから “スタートアップ・ママ” というDQNネームを付けました。

...って、どこがDQNネームじゃーい(笑)

ところで、ポートランドを “ド田舎” と表現してしまいましたが、ポートランドの住人たちから聞くのは、ポートランドがフューチャーされたのはここ最近のことであり、一昔は

「ポートランドに引っ越す」

と言うと

「頭がおかしくなったか!?」

って言われたほど、オレゴンという響きもポートランドという地も “ど田舎” の印象だったと言っていました。

でも、それは良い意味での “ど田舎” という表現で、ある時、信号待ちしていたら、いきなり中年の男性が

「前は、ここからでも運河が見えたんだがね...」

そう寂しそうに言いました。
その男性が見る方へ目を向けると

そうなんです、今、ポートランドはあっちこっち高層マンション、高層ビル、都市開発の真っ最中で、見えてたであろう運河なんてこれっぽっちも見えましぇーんっ。

1つには、サンフランシスコをはじめとする西海岸の異常な地価高騰を受け、そこに住むよりはマシだと、ポートランドに拠点を移す人、それから今の時代は、リモートで働く人も増えていますから、LAやサンフランシスコ、シアトルの中間にあるポートランドという都市は、特にそれらの人々にとっては立地も物価も都市の大きさも丁度良いので、なんと毎週500人とも言われる人が全米から引っ越してくるそうです。

そういうわけで、そんな全米で注目度も高いポートランドに拠点を移したことは、自分たちの中で1つの時代が終わり、次の幕が開けたような感覚があって、それに伴い、これまで綴ってきたブログから、新しい媒体で “今” をリアルに綴っていこうという想いが強くなり、昨夜は、AppMama終了宣言をしようと決めて床についたわけです。

ところが、今朝、久々にブログAppMamaを開いてみると、なんだか居心地が良く、自分にとってまさにHomeという感じがして、これはこれでのんびり綴っていっても良いのかなと思い直しました。

というわけで、AppMamaスタートアップ・ママの二刀流で、これからも、しょうもない記事をどんどん発信していこうと思います!

...だから、しょうもない記事とは失礼だろー(笑)

これからもよろしくお願いします!




ゴミ捨て場は宝の倉庫!億万長者が格安で売ってくれた机は縁起物!?


今日、アパートのゴミ捨て場へゴミを捨てに行った時のこと。

いつもは全く気にも留めない、いや、掲示板があったことさえ知らなかったんだけど...どういうわけだか、今日は掲示板が嫌でも目に入ってきたのです。


引き寄せられるように、掲示板に目をやると


TV台 25ドルで売ります』

『HONの机とチェア 50ドルで売ります』

ぬぉぉぉぉ!
欲しいですぅ(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

っていうのも...
モントリオール時代から、夫の仕事場は、リビング or ダイニング…。

何故って...

ほら、リビングやダイニングで勉強すると頭良くなるって言うじゃなーい (・∀・)!!

…って、それは子供の話だっつーの(笑)

とはいえ夫も、それに近い所があって、仕事中、私に意見や提案を求めたり、一緒に考えることが多く、こう言っちゃなんだけど、私がなかなか良い事言うのよ〜 (・∀・)
夫の仕事に貢献している上に、なんせ私、面白いもんだから一緒に居たくなるわなー🤣

…って自分で言うかー (*σ´∀`)σ いうよね~

そんなわけで、私の神聖な言葉を求めて、日々、夫がやってきますので、リビングやダイニングが必然的に仕事場になってしまっていたというわけ。

ところが最近、というより、ポートランドに越してきてから、なんだかシックリこないという夫。

何がシックリこないって、これまで好きで座っていたダイニングテーブル&チェアが、どうもしっくりこないという。

それで、ポートランドにある家具屋をいくつか周って、ちゃんとした仕事机と椅子を探してみたのですが...。

〝喉から手が出るほど、仕事机&椅子が欲しい!!“

って言うわりには、夫のお眼鏡に叶う机も椅子も見つからないのです。

それもそのはず、夫には夫にしか分からない独特の “こだわり” がありまして、そのこだわりが、まぁ厄介(笑)

モントリオール時代からずっと〝ケトル“ が欲しいと言っているのだけど...未だに買えてないのは、たかが “ケトル” であっても、夫の “こだわり” というものが、よっぽどなんだとお察し下さい(笑)

ただし!!
今回に関しては、その〝こだわり〟とやら捨てて貰いましょうっ (・∀・)

実物のテーブルや椅子をみていないから、どんな大きさで、どれくらい傷んでいるか分からないけれど、この売主さん、ウチのペントハウスに住むお方で...

億万長者やんっ˚✧₊⁎❝᷀ົཽ≀ˍ̮ ❝᷀ົཽ⁎⁺˳✧༚

昔から言うじゃないのぉ〜、

仕事机と椅子は、成功者からもらえ‼️

ってね(・∀・)

…って、それは〝財布〟じゃーいっ(笑)

とにかく、ペントハウスに住む方に連絡をすると、すぐに見に来て良いと言うので見に行きました。

実物を見た感想は…

傷もないし、汚くないし...
机の大きさもパーフェクトやんっ。椅子!?ちょっとジジ臭い柄だけど(笑)、座り心地が良いからOKよっ!

即買いますー(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

「買う人が現れるなんて思わなかったな〜(笑)ウチの奥さんが喜ぶよ!ありがとう!」

ペントハウスに住んでいたのは、ポートランドの方ではなく、60代のアイルランド人の男性でした。アイルランド人...なかなか知り合う機会がないので、それはそれで面白い出会いです。

さっそく、億万長者が使用したであろう机と椅子を我が家に運び入れて...


お〜、ぴったりよっ✨
引っ越した当初から、この窓際の位置にデスクを置きたいと思っていたので、このスペースにピッタリ収まったのは良い暗示だわっ!

本当に良い買い物をしました。
HONというブランドの椅子と机で、ふつーに買うと、机と椅子で5万円以上、品によっては10万はくだらないので、50ドル...ラッキーすぎる!

まさか、ゴミ捨て場でこんなラッキーなことがあるとは!

夫よ、億万長者が使った机で、億万長者になっておくれっ!

「なんだか、億万長者になる気がしてきたー(^o^)」

↑単純な奴www

縁起だけは担いだ気がしますっ✨




語学学習アプリ『Duolingo』から高額請求…無料ちゃうんかーい! の巻。


英語学習アプリで有名な『Duolingo』をダウンロードして、数日使ってみたところ‼️

なんと、


英語が上達するどころか、49ドルの請求がきましたのぉ〜  キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

無料ちゃうんかぁ~い( ;∀;)

金を取るならせめて、私の英語が上達してからにしてよねっ!

「I am Taro」

↑このレベルで49ドル請求って…。

そもそも『Duolingo』の強みであり大きな特徴の1つは

無料で全ての人に最高の教育を

素敵っ❤️

いやいや、そう感じたのは、この請求を受け取る前までの話で、
『Duolingo』のスローガンなんて嘘っぱちにも程がある(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

嘘つきーーー!

しかも姑息なのはね、有料への移行する通知を受けた記憶も無ければ、承諾した記憶も無いことなのよ。

「いつの間に、有料サービスに⁉︎ レベルが上がった時?それとも...ライフを失った時⁉︎ もしかして…“I am Taro”  を覚えた時⁉︎ 」

そう騒いだところで、そして『Duolingo』の姑息な手法を非難したところで、

「訳もわからず、どこかで有料版へと移行しちゃったんじゃないか⁉︎ 
そして、訳もわからず許諾しちゃったんだろうな。やれやれ...」

と、夫にため息をつかれる始末。

まぁね、

「オラぁぁ~💢アホか、ゴラァぁぁ‼️ワシの汗水流して働いた金をアプリごときで溶かしやがってぇ!」

そんな展開が待っていると思えば、きっとこの請求を内密に処理しちゃうかもしれないから、ため息で許してくれる夫で助かったんだけれどもさっ (・∀・)ホッ

…そうなのよー!奥さん、そこが落とし穴っ!

なんと!

この請求メールは、詐欺メール

ため息をつかれた私は、自分にも非があったかもしれないと思い、確認のため夫にiPadを差し出し、進行中の『Duolingo』を検証してもらいました。
請求メールもちゃんと読んでもらったんです。

すると

「AppMamaちゃん!これは詐欺メールだよ!もしも、誘導されるがままにCancel Payment(支払いをキャンセル)のボタンを押していたら...!!」

セーフ(・∀・)‼︎

差出人が『Support Apple』となっていますが、タップしてみると差し出し人のメールアドレスが表示され、本物のAppleからのメールじゃないことが分かります。


そもそも、詐欺メールとすぐに見抜けなかった理由の1つに、最近『Duolingo』をダウンロードした事実があったことは大きいです。

最近利用しているアプリから、タイムリーに通知がきたら…その通知を受けたのが子供だったり、高齢者だったら、信じてしまうのかもしれないとも思ってしまいました。
私だって、引っかかりそうだったもの。

引っかかるというよりは、誘導されるままに、IDだのアカウント情報を打ち込んだら終わり...。情報を得た輩は、勝手に引き落とすだけ。

ちなみに、『Duolingo』は2013年度にApp Store、Google Playで「最優秀賞アプリ」にノミネートされたアプリ。

上級者向けというより初心者向けではありますが、英語に限らず、言語を学ぶ上でゲーム形式なので、学習が進む過程は、ストレスや言葉の壁を感じさせない、よく考えられたアプリだと思います。

だからこのような、まるで『Duolingo』からの公式メールを装って詐欺メールを送りつけている輩によって、優良アプリの評価を落としかねないのは本当に残念。

皆さんも見に覚えのない請求メール、くれぐれも気をつけてくださいね ‼️


夫のMacBookが壊れた直後、奇跡的にiMessageステッカーが全米◯位に!?


夫のMacが壊れましてん。

突然、画面が紫一色に…。

手遅れな気もするけれど...MacBookの総合病院、Apple Storeで診察だ!

というわけで…
MacBookの内科医こと、テクニシャンに手術費用を見積もってもらったところ

手術費(修理代)10万円だって ( ꒪⌓꒪)

あと2万も足せば、新品のMacBookが買えるという皮肉なオチ( ;∀;)

「新しいMacBookを買わせる策じゃないのー⁉︎
その手に簡単に乗ってたまるもんですか!ね、旦那っ╭(๑•̀ㅂ•́)و 」

...って、夫は最新の MacBook Pro をナデナデ (´,,•ω•,,`)

そら、そーなるわな。

とりあえず、私のMacbookを一時的に夫に貸すということで、落ち着きましたが、そんこともあって、ブログやら何やら、このところペースダウン。

しかし、幸運は突然訪れる〜♪

久々のビッグニュースでありますっ!

ジャーン☆彡


夫の出している、iMessageのステッカー『P.S. I Love Dogs』が、

アメリカのiMessageのステッカーランキングで

まさかの6位‼︎

一晩のあいだに、どんなシステムミスがあったんだろうね (๑•́ ₃ •̀๑)

....って、誤作動ちゃうわーいっwww

どんなきっかけかで火がついたかは分からないんだけど、数えきれないほどのステッカーがある中で、全米で6位って...

スゴイじゃんっ!

6位以下には、ゼルダだったり、ディズニーのBeauty and the Beast、ドリーなどの大手がいらっしゃいますので、ほんと、どんなシステムミスが起こったんだろうな (๑•́ ₃ •̀๑)

...って、誤作動ちゃうしwww

それにしても私達って、いつもピンチの時に幸運が訪れる…。

次の不運にも期待しよう〜っと (๑˃̵ᴗ˂̵)و