原因不明の喉の違和感ふたたび!しかしカナダでは診察だけで1ヶ月待ちと門前払い・・・。

7/27/2014 AppMama 0 Comments

ここ最近、体調が思わしくないAppmamaです。
症状としては、1週間程前から喉に違和感を感じ始め、そこから咳が出る様になりました。
ここ2〜3日は、息をする際にゼイゼイしてしまい、なんだか症状が悪くなる一方・・・。確か、去年も喉の違和感を感じて病院へ行ったんだっけ・・・

>> ノドの奥にブツブツができた!まさか咽頭ガン!?それとも甲状腺ガン!?耳鼻咽喉科に行ってみた!

病院で診察してもらいたいのは山々ですが、ここカナダではそう簡単に診察までこぎ着けることができません。ですから、毎日、

「もしや、悪い病気ではないのか!?」

「今度こそ喉頭がんになったのではないか・・・」

と不安が襲い、ストレスから余計に咳き込むようになりました。

ネットで調べてみると、精神的なストレスにより喉への違和感を感じるそうです。もちろん、何らかの病気になっている恐れもあるので、ストレスだろうと安易な判断もよくありませんが・・・。

とは言え、症状の半分は、“悪い病気にかかっているのではないか”と思うことから起こるストレスからの咳だと私自身も自覚しています。
ですが、心のどこかではやはり悪い病気ではないかと疑う自分もいて、精神的にも肉体的にもなんだか疲れてしまいました。“病は気から”という言葉もあるように、不安になればなるほど、悪い方向へと進んでいくような気さえします。

ですから、お医者さんに

「何ともないよ、全く心配ない!」

と太鼓判を押してもらえたら、どんなに楽だろう・・・と思うのです。

ちなみに、カナダの医療についてですが、基本パブリック病院は診察代が無料です。
しかし、待ち時間が6時間以上だったり、最悪、待てど暮らせど順番が回ってこないので諦めて帰るという患者さんもいるというのですから、私の様な症状、つまり喉の痛み程度では、どのくらい長い間待つ事になるのやら分かりません。

こんな話も聞きました。

小学校の娘を持つママさんから聞いたのですが、ベッドから娘が落ち、頭から出血してしまった為に緊急で病院へ行ったところ、なんと5時間以上待ったそう。その5時間の待ち時間の間に出血が止まった為、いつ会えるか分からない医者を待つのはやめて、家に帰ったのだそうです。
また、違うママさんの話では、これまた2歳の娘がベッドから落ちて頭を打ち、吐いてしまったので緊急で病院を訪れたものの「また吐いたら教えてください」と待合室で待たされることになったそうです。結局、吐いてしまったので、それでようやく診察室へ通してもらうことができたのだとか・・・。

また、検査ともなれば半年待ちなんてこともザラだと聞きました。
もしも、ガンなど重い病気だとして半年以上も待てますか!?

たかが喉の違和感とはいえ、今の状態で生活するのはとても辛いのに、半年以上もこのような体で生活していたら、喉以外にもストレスから病気になってしまいそうです。

そういうわけで、知人や夫に相談して、一昨日、夫の付き添いのもと、近所にある咽喉科を訪れました。
受け付けの女性に、夫が私の症状を軽く説明し、診察してもらえないかと相談すると

「本来は、ファミリードクターに診察してもらって、ファミリードクターからの紹介を受けてからここへ来るという手順なのよ。ファミリードクターに看てもらえない?」

と、まずはファミリードクターに診察してもらうように言われました。しかし、夫は

「日本から来たばかりで、まだよくそのシステムが分からないんですけど・・・」

と困った表情で受付けの女性に相談してみました。専属のファミリードクターを探すのでさえも1年もかかったという知人がいたので、今からファミリードクター探しは現実的ではありません。
受付けの女性は私の顔をじーーーっと見つめ、ちょっと困った顔をしながら、

「・・・わかった。少し待って・・・」

と何やら手続きを始めてくれました。どうやら、みてもらえそう・・・と安堵したのもつかの間、受付けに呼ばれた私達に告げられたのは

「じゃあ、1ヶ月後の診察ね。」

・・・1、1ヶ月!?

すぐには診察してもらえないカナダの医療システム。

それでも、藁をもすがる感じで1ヶ月後の予約を取りましたが、昨日は最悪に咳き込み、知人らとの会食があったものの、咳き込んでばかりで全く話になりません。(どちらにしても、英語が話せないので全く話にならないのは今日に限ってのことではありませんが・笑)

知人の1人が、私の咳き込む姿をみて漢方クリニックを紹介してくれました。
知人は、不眠症から体調不良に陥った時期があったそうで、病院を訪れたもののやはり待ち時間が長く診察迄辿り着く事ができなかったのだそうです。
悩んでいた所、知人の友人が漢方クリニックを教えてくれたそうで、とても効くと言って私にも紹介してくれました。

そこでは、症状を話さなくても脈や顔色などからその人の体調を読み取り、漢方を処方してくれるというので、知人も診察の際に、漢方医から

「(症状については)何も話さなくてもよい」

と言われ、ある漢方を処方されたといいます。

半信半疑で、もらった漢方を家で1時間ほど煮込んで(アパート中が臭うほど、強力な異臭な上にかなり不味かったらしいのですが)飲んだ所、なんと悩んでいた不眠症からその日のうちに解放され、それからぐっすり眠れるようになったそうです。

「どうせ、病院に行ってもなかな看てもらえないのだから、まずここを試してみて」

と住所を教えてもらいました。

それと、ショウガ+たまねぎ+ニンニクを刻んだものを水で煮込み、はちみつとレモンを加えて飲むと風邪にも体調不良の際にも良いので試してみるようにと言われました。実際、子供が風邪を引いた際にもこの万能スープを飲ませるそうです。昨夜、夫が鍋でコツコツ煮込んで作ってくれました。

あんなに苦しかったのに、今朝は咳がでてません!体調もすこぶる良いです!
このスープ本当におすすめです。

また、漢方医には明日みてもらおうと思っています。
日本を離れて、日本の医療システムって本当にありがたかったなと思います。
風邪でもすぐにみてもらえるのですから。こちらは、子供が風邪を引いても病院には行かないそうです。待ち時間が長いので、他の患者のウィルスを貰ってきてしまい、余計悪化するからだそうです。

たかが風邪でもひいてしまうと、本当に辛いものですが、じっと耐えるしかないのですね。
ただ・・・
今回、このように体調不良になって良かったと思えたこともありました。それは“健康体”がいかに幸せであるかということを改めて実感したことです。ここ数日、息苦しくて買い物にいくことはおろか、パソコンに向うのもしんどい日々だったので、心底、健康であることがいかに大切なことか思い知らされました。

皆さんも今一度、自身の健康や家族の健康について考えてみてください。

漢方クリニックを訪れた際にはまたブログに書きたいと思います。

0 コメント: