夫の就活リアル体験記!第12回〜面接からちょうど1週間、ついに連絡が!?〜

8/24/2015 AppMama 2 Comments


夫がモントリオールにある『Crew』という会社の面接を受けてから、今日でちょうど一週間経ちました…。

「できるだけ、すぐに返事をするよ!」

と、面接の際はそう言ってくれたらしいのですが、こちらの人の “すぐ” というのは、私達の感覚の “すぐ” とは若干タイムラグがあるようです(汗)

面接から2日後の先週水曜日には、アップルストアで『Unsplash』のイベントが開催されたのですが、その際も、採用の合否については言及はなかったものの、CEOから直々に “すぐに返事をするよ” と言われたのに、その週の金曜日になってもウンともスンとも何の音沙汰も無く…。

>>夫の就活リアル体験記!第11回〜面接結果がこない・・・面接官へのアピールの為、再びイベントに乗り込んだ夫〜

そんな中、こんな話も耳に入ってきました。

海外の就職では面接を受けた日から、いかに早く返事があったかで合否が決まるようなもの。

採用確定であれば面接日、または一日後くらいには返事がくる。

それ以上長いと…Σ(O_Oil!)”

ちゅーわけで、もう1週間も返事がないと絶望的な気分になってしまいます。

だって、この話を裏付けるように、先週、友人の旦那さんが面接を受けたそうなのですが、面接に行ったその日に採用が決まったというではありませんか!!…他にアプライしていた人が2人もいたというのに。

そうなりますと…オイ、旦那…雲行きが怪しくなってきましたぜい (;・∀・)…。

そこで、夫は『Unsplash』の今後の展開について、自分なりに構想を練り、ビジネスプランを書面化して今一度メールで送ったのです。

夫の考えるビジネス展開を投じれば、収益化へと繋がるだけでなく、写真を提供する側、利用する側、どちらにも大きなメリットをもたらすことができるという画期的なアイディアで、

“こんなアイディアを考えつく人材はそうそういないのだから、オレをどうにか採用してくれ!”

という願いも込めて送ったわけです。

ただ、メールを送ったところで  “すぐ” に返信がこないのは分かっています。

というわけで、このメールを送ったのが金曜日だったのですが、この日は返事を待つのを諦め、夕方、娘のプリスクールの迎えに行きました。
娘を迎えに行くと、娘が仲良くしている女の子のママにバッタリ会って、夫はこんな相談をされたそうです。

「私、アプリを作りたいんだけど…相談に乗ってくれないかしら?」

この相談をしてくれたママさん、実はカナダ全土でフォトスタジオを展開し、大成功している超やり手の女社長!!
カナダ全土で成功ですからね、ホント凄いんです、この方!

この相談をされた時、夫は純粋にアプリ開発についてアドバイスしたのだそうですが、今日、このフォトスタジオを経営するママのアプリ開発について夫と話しているうちに

“ん??これって『Crew』や『Unsplash』と繋がらないかしら…?何か面白い企画ができそう!”

と思いました。
と同時に、この案は『Unsplash』に提案してみるべきだと強く思ったのです。
このような策があるということを伝えることは、つまり、夫は『Unsplash』にとって欠かせない人材なんだとより印象づけることができるかもしれないのですから!

そんなことを思いついたその時、メッセージが届きました。

ついに!ついに!返事がきたのです。

しかしながら、もしもこのメールが不採用通知だったら、カナダ全土で展開するフォトスタジオの会社と『Unsplash』のコラボ企画を提案することも、それこそ企画に携わるチャンスも失うのですから、あ〜、このメールを受け取る前に、このような企画を『Unsplash』に提案できなかったことを悔やんでしまいました。

不採用前提で考えているわけではないのだけれど、土壇場にきて、こんな、あんな...アピール方法もあったんじゃないか?と色々考えてしまうのです(汗)

とにかく!メールが来てしまったのだから、仕方ない!
腹を据えて...

って、全く腹が据わらない(笑)

緊張から一瞬にしてドワーっと汗が噴き出すわ、私も夫もオロオロ…。
しかも出先ということもあって、この場で開封すべきかどうか悩んでしまいました。

(夫)「今、メールを空ける!?それとも家に帰ってから空ける!?」

(妻)「...いやいや、どっちもダメダメ!!この駐車場も家も不穏な空気を感じる!」

(夫)「...不穏な空気!?じゃあ、どうする??どこへ行けばいいんだー!?」

(妻)「そうだわ!モンロワイヤルに行きましょう!」

…なんでやねんっ!?(笑)

正直、メールを空けるのが怖かったし、心の準備が必要だったし、なんだか上手く呼吸もできなくなってしまって、新鮮な空気を吸う為にも、その場所から車で10分程の場所にあるモンロワイヤルに行く事にしました。
(夫は文句もなく車を走らせたので、夫もいざ返事がきたものの心の準備が必要だったのかもね・笑)

とりあえず、メールを読む場所だけは神聖な場所で...。

モンロワイヤルの駐車場に車を停めて、展望広場まで歩いて向かいました。


広場につき、モントリオールを眼下に見下ろす場所にあるベンチに腰をかけ、メールを確認…すると!!

『ハーイ!!この前はイベントで会えて良かったよ!それから、君が提案した今後のアイディアについて読ませてもらったけど、とても良いアイディアだから社内で共有させてもらうね!それじゃ!Cheers!』

ちょ、ちょ、ちょ〜!!
Cheers!じゃねーよ(笑)

採用or不採用についてはどうなってしまいましたのぉ〜!?
わざわざモンロワイヤルまで登ってきたんですけどぉ〜!!

って、このシリーズいつまで続くの〜!?

それにしても、このタイミングでカナダ全土で成功している女社長からの相談...きっと、これから何か面白いことになるはず!

それでは、Cheers〜!(笑)

2 件のコメント:

  1. カフェフランボワーズ2015年8月29日 16:34

    私もWestmountに住んでいます。モントリオール近郊のリンゴ狩りを検索していてAppmamaさんのブログにたどり着きました。写真もきれいで、日ごろ見ている景色がなお一層美しいですね。読んでいると心配になったり、ホッとしたりで引き込まれました。ご主人様のお仕事がうまくいきますよう祈っています!

    返信削除
  2. カフェフランボワーズさん
    コメント嬉しいです。ありがとうございます。
    Westmountにお住まいということは、もしかして会っているかもしれませんね!!
    意外と知り合いだったりして!?
    それにしても、心配させてしまい申し訳ありませんでした〜(笑)残念な結果ではありますが、一段落してとりあえず、安堵の気持ちでいます。
    応援ありがとうございます!!

    返信削除