生活コストが高い州ランキング9位のバーモント州で『納豆』を買ったら驚愕の価格に!!

3/17/2019 AppMama 2 Comments


先日、バーモント州の物価の高さについて、少し触れた記事を投稿しましたが...

>>アメリカ・バーモント州にお引越し!田舎の家探しは超〜大変!?

今日、このアメリカで生活コストが高いランキング9位のバーモント州で『納豆』を買ってみました。

やっぱり、日本人だもの...

「納豆がぁぁぁ〜食いたい」

から始まり、

「醤油をがぶ飲みしたぁぁ〜い」

「味噌の樽に頭からつっこみた〜い」

家族そろって、こんなクレイジーなことを考えてしまう日があるわけです(笑)

そんな日は、日本食の物価の高さなんて忘れて....

『納豆』くらい買っちゃおうぜっ\(^o^)/

...って奥さん!!

『納豆』が、たけーったらありゃしないよっ(´;ω;`) 隣の小瓶に入っている味噌の値段も驚愕だけど(汗)



日本なら、3パックで100円切ってたりするよね!?

こちらバーモント州バーリントンのスーパーでは、

1パックよ、1パック!! 2.99ドル、日本円にして333円 します( ;∀;)(2019年3月時点)

もう一度言おうじゃないのっ!...1パック333円だぜっ!!

この1パックを家族3人で分けるには足りないから、最低でも2パックは必要なわけです。

私達は、震える手を抑えながら、2パックレジに持っていったわけなんですが

2.99ドル × 2個 =5.98ドル

日本円に換算したくないけど...日本円にして...

666円でございました。まいどー( ;∀;)!!

たった2パックの『納豆』が666円だってーーーー!?

しかも!この納豆にはカラシどころか、肝心の醤油がついてないの!

つ・ま・り!!

醤油を別途で購入しなきゃならないのですぅぅぅぅ (´;ω;`)

まだAirbnbnとかホテル住まいだから、醤油は、一番小さくて手頃なやつを購入したんだけど...

『醤油』296ml で3.69ドル

アメリカで納豆を食べようなんて思った日にゃ〜、3人家族なら1000円、消費税を入れたらそれ以上かかるってことなんですね...

でもね、この納豆、なんと地元産 (・∀・)!

面白いのが、とあるオランダ人が1983年にバーモント州に移住してきて、納豆作りを始めたんだって。

今では納豆だけじゃなくて、味噌、麹、お餅、糠なんかも作っているみたい。
オランダ人が...!!!

だから、ローカルフードを応援する意味でも、地元企業を支える意味でも、バーモント州に住んでいる間は、このオランダ人が丹精込めて作っている納豆を買おうと思います。

毎日は無理だけどね(笑)

あ〜、たらふく納豆がたべた〜いっ!!!

 

2 件のコメント:

  1. 納豆は簡単に作れるようですよ。
    大豆を茹でて、納豆のネバネバをお湯で溶いて納豆菌を作って、茹でた大豆に絡めて保温するだけです。これで無限に納豆が食べれます!
    発酵食品なのでヨーグルト作りと同じですね。
    動画を参考にしてみたください!
    https://youtu.be/GqHxd7BqJnU

    返信削除
    返信
    1. Time Tripperさん
      情報ありがとうございます(´;ω;`)
      納豆作りにも挑戦してみようかなと思います。
      ただし...私、すっごく料理が苦手+不器用+どうしようもないくらいおっちょこちょいなんですよ(汗)
      私の納豆は、発酵を通り越して腐ってるってこともありそうです(笑)

      でも何事も経験ですからね、面白そうだからやってみますっ!ははっは。

      削除