バーモント州で家探し!ヤマアラシが出るジブリ調のお家の内見へレッツらゴー!

3/12/2019 AppMama 0 Comments


前回、バーモント州バーリントンでの家探しが思った以上に困難なんですけど...っていう愚痴記事を書きました。

>>アメリカ・バーモント州にお引越し!田舎の家探しは超〜大変!?

夫婦揃って、築年数が浅い物件が好きじゃないので、ヴィンテージ感がある古い物件をむしろ探していたくらいなのですが...

バーリントン...ヴィンテージなんてもんじゃない、年季が入りすぎた物件ばかり(苦笑)

その物件が、たっけーのなんのって (;・∀・)

住む住まないは別として、魅力のある家なら、19万でも20万でも納得できるケド...。
半値であっても、住みたいと思えない物件がゴロゴロ...。

こりゃ〜、バーモントに移住してくる若者が増えないのも分かるわ...。

かと言ってね、ドコスカとモダンなアパートを建設するのはいかがなものかと思うし...そういう都市開発は好きじゃないの。なんだか矛盾しているんだけど。

ってなわけで、景観や街の雰囲気を壊さないように、ヴィンテージを通り越し、年季が入りすぎた物件の中から探すしかないわね、こりゃ〜 (´-﹏-`;)

バスタブがなかろうが、洗濯機がなかろうが、家が傾いていようが、もうボロい物件に住むしかないって腹を括りはじめていたところ...

出会ってしもーたのっ!

家に入った瞬間、

夫)「Oh my... It's beautiful...Soooo nice!!」

(娘)「I... love this house !!! I want to live here!!」

私)「ここにすっぺすっ(・∀・)!!」

私の方言はともかく(笑)、みんなが玄関をくぐった瞬間「ここだ!」って思ったんです。

まさに、ビビビ〜ってやつ。

家の外観は、まさにヴィンテージ、さつきとメイの家を外国風にしたら...、もしくは、魔女の宅急便に出てきそうな外観...そう、ジブリ調のお家にときめきました。


庭と広いポーチ。それだけでも贅沢すぎるスペースなのに...家の裏に小さな畑と可愛いガゼボがあるんですって...。

↑奥に見える三角屋根がガゼボ。春〜夏にかけて、ここで読書は気持ちが良いだろうし、雪がとければ、ガゼボの周りは可愛いガーデン、畑になるらしい。

部屋は、古さを生かしつつも、キッチンやトイレはキレイにリフォームしてあり、けど、モダンすぎないよう内装を留めたところに大家のセンスを感じずにはいられません。

で、これまた大家が良い人でっ!
それこそ、古民家を手直しして貸し出したり、それこそairbnbにすることを仕事にしているらしい...。その軒数や200軒だってーーーー(゚д゚)!

それから現在、この部屋に住んでいる住人もめちゃくちゃ良い人で、

「今度、一緒に映画を観に行こう〜!!」

数分で娘と息が合い映画に行く約束をするほど、仲良しになりました。

この住人はスタンダード・プードルを飼っていて、


「今朝、このプードルを庭に出したら...ヤマアラシを加えてきたの〜!!ヤマアラシは死んだふりしてたけど...最後は逃げていったわっ!」

と大笑いしながら話してくれました。

... 庭にヤマアラシですって!?

なんてステキな〜 (・∀・)♡(←針で刺されたら嫌だけど・笑)

これぞ、バーモント生活ではないのっ!!

とにかく、バーリントンの物件で庭付きはいくつかありますが、家庭菜園ができる裏庭があったり、ガゼボがあるくらいの敷地を持つ物件はかなり珍しいです。

夫は、アン&チョビ(私達の飼っている2匹の老犬)が、老後を幸せに暮らせる場所を最後に見つけてやりたい、とずっと言っていたのですが、ここは2匹にとって最高の住処に感じるに違いありません。

娘は、今から家庭菜園をすることをとても楽しみにしているし、やっぱり、田舎暮らしはこうでなくちゃ!!

...審査が通ればの話ですが(笑)

実は!!ここからがこの家と縁を感じるところ...!!

なんと、娘と映画館に行く約束をしていた女性は、写真家であり写真ビジネスを手がける事業家だったんです。

私達も写真事業をしているわけで...まさかの写真事業つながり...!!
こんなことってある!?

縁を繋げてくれる家...。

是非、この家に住まわせてほしーーーーーい!!!!

※Airbnbをはじめて使う方は、下記のリンクを通してブッキングすると約6000円の割引になります♡ご利用下さいまし↓↓↓

https://www.airbnb.com/c/leor151?currency=JPY

 

0 コメント: