バーモント生活!男の子から“花”と“メッセージカード”をもらって憤慨だとぉ!?娘が欲しかったのは◯◯だった!

9/12/2019 AppMama 0 Comments


いや〜、娘が学校でモテにモテちゃってねぇ〜、昨日、男の子から “花” “メッセージカード” を貰って帰ってきたんですわ!

...と言いたいところですが(笑)

これがまた貰ってきたメッセージカードの内容っちゅーのが、ラブレターにも程遠い内容で(苦笑)

実は、授業で 『キリマンジャロ』について書かれた文章を娘が音読していたところ、年号の読み方を間違えて読んでしまったそうなんです。

すると、同級生の男の子が

「あ〜はっ、はっ、はっ〜〜 (≧ω≦。)プププ」

娘の誤った年号の読み方を聞いた男の子、大笑いしたんだそう。

この男の子、根が悪い子じゃないんだけど...(汗)
クラスに1人くらいヤンチャ坊主っているじゃない?そういうタイプの男の子で。

とにかく...

みんなの前で大笑いされた娘は、ものすごく恥ずかしくなり、その場で “グスン...” と泣いてしまったそうな (^o^;)

すると、一連の流れを見ていた先生が

「こらぁぁヽ(`Д´)ノプンプン

なんですか!その態度は!

あなたのような生徒をこの学校に置くわけにはいきませんっ(# ゚Д゚)!!』

男の子の態度に堪忍袋の尾が切れたそうな(笑)

以前の記事でも書いたけど、今回の担任の先生は結構厳しい。
鉛筆をボキッと折り曲げるわ、授業中に私語をする生徒の席をめがけてステックのりを投げるわ、とにかく厳しいし怒ったら怖い。

>>新学期の担任の先生はスパルタだとぉ!? 1人3ダースの鉛筆を用意させた驚愕の理由とは...


男の子は学校から追い出されはしなかったけど、その日のうちに、即、男の子の家族に連絡されてしまった。

そして放課後、男の子を迎えにきたお婆ちゃんが慌てて私達に謝罪をするという事態になりました(汗)

男の子のお婆ちゃんは本当に申し訳無さそうに

「日本語もできる上に英語も頑張っているのに...本当にうちの子がごめんなさい。明日、花を持たせます。」

と言ってくれたのだけど、私達は全く気にしていなかったので

「いえいえ、全然気にしないでください(^o^;) 僕達は何も気にしてないんですよ!」

と伝えたものの...次の日。


男の子は、娘に花とメッセージカードを渡してくれたんです。

しかーし、このカードを受け取った娘はお怒りモード!

「私に直接手渡さなかったのよ(# ゚Д゚)

私が見ていない時に私の机の引き出しに花もカードも一緒に突っ込んでおいたの!」

...そりゃ〜、この年齢の男の子が花を女の子に渡すのは恥ずかしいだろ...許したれよ、そんくらいwww

「ママ!? 問題はね、このカードに書いてあることよ。パパ、読んでみて!」

娘に言われるがまま夫が読み上げると、

“Dear Kaya

I think you are a very good reader.

You speak Japanese and English.

AWESOME!!!!”


...ん!?別にいいんじゃないの?何がお気に召さないの?

「あの男ったらね...」

...“あの男” 呼ばわりする、アンタもどうかと思うけどwww


「あの男ったら “Sorry” という言葉を知らないのかしら!?

 “Awesome” ...ですって!? 

なにが “Awesome”よ!“Awesome” で全部を片付けるなんてねヽ(`Д´)ノプンプン 

私が欲しかったのは “Sorry” という言葉よ!」

怒りが止まらない(笑)

終いには貰った花にも文句www



「花をくれるって言ったってね、この花、家の前に咲いてる花じゃないのぉぉ!」


やめたれや...(笑)

この調子だと、ラブレターをもらうのは当分先になりそうです(-_-;)


0 コメント:

バーモント生活!町内パーティーに参加したら...スティーブ・ジョブズの◯◯に会った!

9/09/2019 AppMama 0 Comments


昨日の夕方、近所でブロックパーティー(Block party)が開かれました。

“ブロックパーティー” っていうのは、1区画の住民たちが集う町内のお祭りです。


パーティーが執り行われる1区画は封鎖!!




車道は、子どもたちの自転車天国に早変わり!


「勝負よっ (キ▽ヘ▽) !」

...ってお嬢ちゃん、それは自転車ちゃいまんがなっwwww
にしても、その乗り物はなんじゃっ(驚)


それから卓球台も設置して、ご近所さん同士で対戦っ!大人も遊ぶっ!

そして、この1区画にある素敵なお家(主催者)に集まって...



ネームタグを作って胸に貼り



ご近所さんと夕飯!

「はじめまして!私はそこに住んでいる◯◯っていうんだけど、アナタたちはどこ住んでるの?」

そんな会話から始まって、この1区画の住人らと芝生に座って談笑。

で、そこで知り合ったのが、このオッサン!


この肉を切ってるオッサン、すげー人だったの!

世界一の肉屋!!

じゃなくて...

スティーブ・ジョブズの直々の部下『Apple Ⅱ』をデザインしたアップル最初の工業デザイナー、ジェリー・マノック(Jerrold Clifford Manock)だって🌟

『Apple II 』は世界で初めて完成品として個人向けに大量生産・大量販売された、パーソナルコンピュータと言われ、アップル社を大きく飛躍させた最初の製品。
この製品が成功していなければ、今のアップルは存在していなかった可能性も!?

だって、アップル社が最初に販売した『Apple I 』は木箱で素人が作ったようなコンピューターだもの。

しかぁぁ〜し!
マノック氏がデザインした『Apple II 』はここまで立派な製品に仕上がっているーー!


あの有名なスティーブ・ジョブズの伝記にもしっかり登場しているほどアップル社にとって重要な人物なんですっ!!

「俺んち、ソコだよ!」

我が家から目と鼻の先...。

飾らない、気さくでおちゃめなオッチャンで(笑)

自分から

「サインするぞーーー ٩(๑⁼̴̤̆ꈊ⁼̴̤̆)و✧イェーイ!!!」

と言っておどけてみせた(笑)

バーモントに越してきてから、アラン・ニューマンに会うわ、海外ドラマ『ナルコス』の名脇役と知り合うわ、『Apple Ⅱ』のデザイナー、ジェリー・マノックはご近所だわ...この田舎すごくない!?

>>バーモント州でスタートアップ!あの有名な創始者から勝利宣言を受けた夫...手には大金が!?

すごいのよ、この田舎っ!

この日、娘がしみじみこうつぶやいた。

「ねぇ、この町いいね...。」

ほんとだわ...。

ブロックパーティーって、街によっては、音楽をガンガンかけてダンスして、お祭り騒ぎのパーティーをするところもあるし、結構そういうパーティーこそ主流なのかもしれないし、それはそれで楽しいんだけど、私達が住むブロックのパーティーは、ゆっくり流れる時間をみんなで共有し合う感じが、なんとも心地良かった。

日の落ちる時間が最近は早くなったし、肌寒くもなり羽織物が必要になってきた。

だけど、一番好きな季節の始まり。


なんて暖かく優しい光なんだろう...。

この季節が似合うバーモント、バーリントン...“なぜ、こんな田舎にあんな有名人が!?” って思っていたけど...段々わかるような気がしてます。

0 コメント: